スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秋刀魚とゆり根の炊き込みごはん」と「かぶら蒸し」で、秋ごはん。 


昨日(11/19)まとめて3記事。
本日(11/20)まとめて2記事をUPしました。



秋になると食べる頻度が、俄然UPする

炊き込みごはん。


111119-10.jpg


   「秋刀魚とゆり根の炊き込みごはん」








北海道のゆり根と秋刀魚。
大きな丹波しめじなどのきのこ2種類で。

111119-11.jpg
111119-12.jpg111119-13.jpg





秋刀魚は、そのまま入れると臭みが出るので
こんがり焼いてから上にふんわりのせて炊き込むのがコツ!

111119-14.jpg






炊きあがり。
秋刀魚を別皿でほぐしてからまた戻し入れます。
しょうがの千切りと三つ葉を散らして。
いい香り~♪

111119-16.jpg

111119-23.jpg

111119-10.jpg
家族みんなが大好きな炊き込みごはん。

あれば、銀杏などを加えることもありますし、
きのこ1種類しかなくてもまぁOKです。
その辺りは、テケトー。






おかずには、
体をほんわか温めるかぶら蒸しなどを添えて。

111119-17.jpg111119-18.jpg
111119-19.jpg

せいろで蒸し上げたあとに、
あんかけをかけてアツアツを食卓に。


111119-20.jpg







あとは、ツマミ系おかずが少しあればOK。

111119-21.jpg111119-26.jpg
111119-24-1.jpg111119-22.jpg

写真左上は、ししゃもの子。ピリ辛系マヨで。
写真右上は、最近お気に入り皮付きイカソーメン
あとは、かにサラダ、お吸い物など。
さばいたイカの余りで作った、ゲソなどの唐揚げもちょこっと。



111119-25.jpg

かにサラダのドレッシングは、
鎌倉在住の友人からいただいた無添加の梅ドレッシングで。
TERRADELI 」のもの。
ドレッシングにしては、開封後の消費期限がめっちゃ短いので、



何にでもふりかけて使い切りました!
エライ?
これぞ、主婦魂?(笑)







皆様、良い週末をお過ごしください


人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

イタリア展の珍しいパスタと、「カポナータ~秋冬バージョン」 

毎年楽しみにしている
   「イタリア展」の戦利品

111118-10.jpg

写真左下の小さなツブツブのも、パスタなんですよ。
リゾット感覚で食べたり、スープの浮きみ用に。
(写真右下は、チーズ味のスナック。)



あとは、
フレッシュな水牛のモッツァレラや生ハム、
色々な種類のオリーブオイルやワインなどを少しずつ。




↑ちなみに、
写真の上2つのショートパスタは
一般ではなかなか買えないメーカーさん(コルンブロ社)のもの。
無添加・無着色で、36時間ゆっくり50度で低温乾燥されたパスタ。
昨年と同じく、アーパ・アンド・イデアさんのブースで。
(池袋西武には小さなショップがありますが種類は少ない)


以前買った、こちらのショートパスタ「カサレッチェ」が絶品!で
それ以来のファン。




111118-12.jpg
お店の方イチオシ、もちもちなショートパスタ。



111118-11.jpg
マカロニっぽいちょっと変わった形。
ソースが絡みやすいように螺旋に巻いてあります。









くるくるしているの、わかります?

111118-13.jpg

111118-9.jpg

この日の食卓。






あとは、定番のカポナータをルク鍋いっぱいに作って。

111118-14.jpg

111118-15.jpg

旬の甘いかぼちゃも入れて、秋冬バージョンで。



コトコト煮詰めたこんなおかずが恋しくなる季節です。



皆様、お風邪などひきませぬよう






人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

「ハムのムース」と、ボジョレー・ヌーボー 解禁! 

本日は、
ボジョレー・ヌーボーの解禁日



新酒の解禁日も色々で、

ドイツは11月1日。
イタリア11月6日。
フランスは11月第3木曜日。

因みに山梨(甲州)ヌーボーは11月3日




ということで、
朝からなんだかワイン気分。
朝食用に、FPでガーッと作りました。

111117-1.jpg



         「ハムのムース」




111117-2.jpg111117-3.jpg
111117-4.jpg

冷やすと固くなるので、作ったらすぐ食卓へ。
マスカルポーネで作ると美味しいのですが、
生憎切らしていたのでリコッタで。
ハムとリコッタ、バター少々、パルメザンチーズ、
そして隠し味にジンをたらしてFPで混ぜるだけ。
スモークサーモンなど、他の具材で作ることも。





朝に必ず食べるサラダ。
今日の朝食です。
夕飯の残り物のかぼちゃのマッシュものせて。

111117-5.jpg
マッシュは、
レンチンかぼちゃ、サワークリーム、シナモン、レーズン、
スライスアーモンド、胡桃を混ぜて味を調えただけ。









予約しておいたワイン・・・

(写真あとでのせます)

111117-6.jpg


ヌーボーとは思えない深みのある味にひとめぼれ。
2年前から、これなら!と、お気に入りに殿堂入りした
ティエリー・カナール氏のボジョレー・ヌーボーを今年も。

11代続くカナール家。
叔父のジェラール氏は、
かつて37年間もボジョレー委員会代表を務めた歴史ある一族。
手摘みの有機栽培、醸造~瓶詰めまで自ら行う
オーガニックの生産者さんです。
昨年と同じものを2本注文しておきました。


111117-7.jpg
限定のブルサンと新物の枝付きレーズンも。


1本は、樹齢40~80年のブドウを「有機栽培」で育てた
オーガニック・ヌーボー。

もう1本は、樹齢100年の古樹から極々少量しか生産できない
同じく「有機栽培」の稀少なオーガニック・ヌーボー。


もひとつ(追記)
こんなのもいただきました。
トゥモローランドで洋服を買った時にもらった
オリジナルボジョレー。

111201-10.jpg
まだ飲んでおりませぬが。






でも、今夜はワタクシ、
ワイン会ならぬ、マッコリで飲み会なので、おあずけ(笑)
週末のお楽しみにすることにいたします


111118-1.jpg

111118-2.jpg
11/18追記:楽しかったです






<ボジョレー・ヌーボーの記録>

○2011年ボジョレー・ヌーボー→
○2010年ボジョレー・ヌーボー→
○2009年ボジョレー・ヌーボー→
○2008年ボジョレー・ヌーボー→
○2007年ボジョレー・ヌーボー→






ちょこっと、おまけ。
のワインの写真。一番奥は・・・
111117-8.jpg
カッパドキア土産。
世界遺産形!






いただいた拍手コメのお返事(11/15の記事)つけました。
 いつもありがとうございます^^

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

「ごぼうの泡々ポタージュとビーフカレー」と「春菊たっぷりサラダ」♪ 

フツーだけど
ムショーに食べたくなるもの。

111116-1.jpg


       それは、「カレー」





111116-2.jpg

さらっとしたカレーも好きですが
この日は、クラシカルな日本人的ビーフカレーで。
辛口でハフハフいただきました♪


ごぼうのポタージュは、
玉ねぎなどといためたあとで→スープストックと圧力鍋にかけ
さらっと仕上げた時短メニュー。
牛乳とクリームチーズを溶かして、コクを出しています。
食べる直前にFPで泡々に仕上げて食卓へ。
家族が大好きなので、今は週に1回は作っているかも。
朝食の時にも、ココットに入れてちょこっと添えてます^^






<おうちごはんのメニュー>

○ビーフカレー(揚げレンコン&茹で卵のせ)
○ごぼうの泡々ポタージュ
エミリオちゃんの長ネギマリネ(BJKでごちそうになってウマウマでした)
○春菊・ベビーリーフ・パプリカ・胡桃・フルーツトマトのサラダ




人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

テラスで、「広島風お好み焼き」と「パリパリチーズ焼き」♪ 

テラスで、広島風お好み焼き。

111028-1.jpg

夏の時分は
あまりに暑くてイヤだった鉄板料理ですが
涼しくなってくると 俄然 出番が多くなります。

フツーのお好み焼きも大好きなんですが、
そばを入れた広島風が食べたい!とダーからのリクエストで。
コレ、ひっくり返すのが結構難しいんですよね。
真剣です。








生地の上にとろけるチーズとパルメザンチーズをのせて焼く
「パリパリチーズ焼き」

111028-2.jpg







見た目は地味なのですが、
いいおつまみになります。人気の1枚。

111028-3.jpg






パリッパリになったら
切り分けて食べます。ビールがすすむ!

111028-4.jpg






宴のはじまりは、
マッコリとビール。
このマッコリが、大のお気に入り。

保存料を入れない為、賞味期限が1ヶ月。
工場で詰められた時点で1ヶ月ですから
手もとに届いた段階で2~3週間の賞味期間のみ。
加熱処理をしてないので、炭酸がシュワシュワしてて、美味。
行きつけの焼き肉屋さんで買っています。
そこのマスターによると、
はじめの1杯は、振らずに上澄みだけ呑むのがツウだとか。
ハマる美味しさ。


111028-5.jpg

キノコや牡蠣のバター焼きなどをつつきながら。
キムチなどオヤジテイストのオツマミも忘れずに(笑)






111028-6.jpg

もちろん、〆は 赤ワイン




最近、酒量が増えてきた?
食欲の秋、気がついたら大変な事になりそうです。



ちょっと気をつけよう。



月末月初でちょいと忙しくしております。
訪問行けておりませんで、スミマセーン!(ぺこり)

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。