FC2ブログ

抹茶蜜たっぷりのあんみつ♪ 

京都最後の夜。

このままホテルに戻るのは勿体ない!と
鴨川をお散歩することに



夜風がとっても心地よかったです



そして最後に行ったのが「先斗町」
080429-1.jpg
鴨川と高瀬川に挟まれた細い道が続きます。
夏になると納涼床を設けたお店で賑わうところ。
納涼床・・・残念ながらまだ未体験なんですけどね(泣)




こんな提灯があったりして・・・
080429-2.jpg
さすが、花街。
賑わっています。
周りは自分をふくめ、酔っぱらいばかり(笑)




ふっと見つけた甘味処
080429-3.jpg
ひしめく飲食店の中でひっそりと佇むこの看板。
吸い寄せられるように入店~~





閉店間際の入店だったので
ゆっくりできないけど食べるだけならどうぞ・・・とおかみさん。
無理をお願いして甘い物をいただくことに





そして、作ってもらったのがこちらの・・・
080429-4.jpg
あんみつです。
東京ではなかなかない「抹茶蜜のあんみつ」



その場でさっと作ってくれた白玉は
ふるふると柔らかくて美味しかったです♪




最後の夜にスイーツの食べ納めができるなんて
予想外でした~




おかみさんに感謝しながらお店をあとにして
ホテルに向かいました




ごちそうさまでした



ブログランキングに参加しています♪
応援↓ポチッと一押し↓お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへ
ランキングはこちらをクリック!





京の鳥どころでいただく「おまかせ鳥懐石」♪ 

夜の食事の予約時間までちょっと時間があったので
神社へ足を運んでみることにしました。



向かった先は・・・・さて、どこでしょう
080428-3.jpg
鳥居と雲のコントラストが神秘的・・・








「晴明神社」です
080428-2.jpg
あの、安倍晴明が祀られているところです。



一条戻り橋のすぐ近く。
街の真ん中にひっそりと佇む晴明神社。
知らなければ、うっかり通り過ぎてしまいそう。
意外にもこじんまりとした佇まいでした。
「陰陽師」効果か若い人や修学旅行の生徒達で大賑わい
千利休が茶の湯に使ったという言い伝えがある「晴明井」も
しっかり見てきました。
なんでも山城名泉のひとつで、とっても御利益のある水が
湧き出るんだとか。
あやかりたいものです





さてさて、そろそろお食事の時間。




京の鳥どころ「八起庵」へ
080428-21.jpg



まず、鳥スープが出されます。
080428-22.jpg
とっても濃厚なスープ



どこにいってもとりあえずビール派でございます~
080428-20.jpg
今宵のお料理は全て「鳥」にちなんだもの
おまかせの鳥懐石をお願いしました。
楽しみです



お二階にある落ち着いた個室
080428-23.jpg
お通しをつまみながらいただくビールは格別
窓からは鴨川が見えます。
ふっとした時にいつも自然が身近にある京都。
いいですねぇ~



次に運ばれてきたのは「肝刺し」
080428-24.jpg
ビールがすすむ、すすむ!




そして「鳥のお刺身の盛り合わせ」へと続きます
080428-25.jpg




「蒸し鳥」
080428-26.jpg
ピリッとした一味がよく合います




「鳥の山椒焼き」
080428-27.jpg
こちらもスパイシーないっぴん。
たっぷりの九条葱がのっていて、ダブルでスパイシー




「揚げ出し」
080428-28.jpg
もちもちでトロトロの揚げ出し。これはまじうまでした




コースはまだまだ続きます
080428-29.jpg
こちらは「手羽焼き」




「茶碗蒸し」
080428-30.jpg
良い卵を使っているから深みがあって良いお味




「鳥の揚げ物」
080428-31.jpg
お腹の方も大満足




そしていよいよ待ちに待ったこちらが
080428-32.jpg
「鴨なんば」です。
八起庵といえばこの「鴨なんば」ですものね
コースに組んであるので量は普通の1/2量。
かなりお腹いっぱいのはずなのに
つるつるっと入るのどごしの良さ。
これは格別♪




最後の〆に出たものは・・・
080428-33.jpg
「よもぎのシャーベット」

はじめていただいたお味でしたが、
こちらは私的にはかなりのツボ!
抹茶はありがちだけど、
よもぎってあまりお見かけしないので・・・
ちょっとほろ苦くて青い味(?)がして~
口の中がさっぱりする絶品デザートでした



たまにはこんな「鳥懐石」もいいものですね。



美味しいものを食べると
「また明日も頑張ろう!」という気持ちになれます。



ごちそうさまでした~




ブログランキングに参加しています♪
応援↓ポチッと一押し↓お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへ
ランキングはこちらをクリック!












イノダコーヒー本店で「ビーフカツサンド」を♪ 

ホテルオークラの客室の窓からの風景
080427-27.jpg
早朝の鴨川と山々
080427-28.jpg
周りに高い建物がないので遠くの山々まで見えます。


こちらのホテルからほど近いところに
イノダコーヒー本店(HPはこちら)が
あることがわかり訪ねてみることにしました。


本店の営業時間は朝7時から。
でも、近くにある三条支店は朝10時開店。

これってラッキー?
「行け」っていうこと?

....ということで、急遽、朝一番で本店に伺うことにしました。
080427-23.jpg
大丸東京店がグランドオープンした時に
はじめて東京進出を果たした「イノダコーヒー」
本店ははじめての訪問です♪


楽しみですぅ~



暖簾がシックで素敵
080427-22.jpg
京都の珈琲店といえばこのお店の名前を挙げる人が
多いですよね。

080427-26.jpg
赤いビロードの椅子がレトロ
(ピンボケ写真ですみません





目覚めの一杯はやっぱり「アラビアの真珠」で
080427-20.jpg
創業当時からの味が守られているこちらのコーヒー。
最初からミルクと砂糖が入っています。


お隣の席の方がブラックで飲もうとしたら
ウェイターさんに
「創業当時からの味ですから~」と激しく却下され
渋々、ミルク&砂糖入りを頼んでいたのを目撃。
迷わず、右にならうことにいたしました!!(笑)



クラシカルなコーヒーの味を楽しませていただきました♪




周りがモーニングセットを頼む中オーダーしたのは
かねてから食べてみたかった「ビーフカツサンド」
080427-25.jpg
朝からハイカロリーすぎますよねぇ
わかっているんですけど・・・初心貫徹ということで。




念願の「ビーフカツサンド」
080427-24.jpg
大きな大きなサンドウィッチが3切れ。



いっただきまーす
080427-21.jpg
噛む度に肉汁がじゅわぁ~と溢れ出てきます。
中のレア加減が絶妙で美味しいぃぃぃ~~~


かなり食べ甲斐のあるいっぴんでした




ブログランキングに参加しています♪
応援↓ポチッと一押し↓お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへ
ランキングはこちらをクリック!












祇園で「町屋の美食」に舌鼓♪ 

京都2日目も快晴!
080428-1.jpg
八重桜がキラキラしてて~
こういう風景って、
見ているだけでとっても幸せな気分になります



美味しいものを求めて祇園へ(笑)
080428-7.jpg
裏通りはこんなカンジの町並みがずっ~~と続いてます。
見知らぬ通りをぬうように散策してみました。
京都ってホント素敵なところです




この時期の祇園はあちこちに「都をどり(HP)」の提灯が。
080428-4.jpg
歌舞練場へ向かう道はどこもすごい人、人、人・・・
特に花見小路通りの渋滞はひときわ激しくて
歩いた方が数倍早いほど・・・
会場へ向かうタクシーが長蛇の列をなしていました。



祇園でランチしようと向かったお店はこちら
080428-6.jpg
「豆寅」という豆皿懐石のお店です


外観はこんなカンジ。
080428-10.jpg
祇園の元旅館を利用した風情溢れる店構え。
お造りや煮物などが一品ずつ骨董の手塩皿に盛られた
豆皿料理が名物というお店です。





店先にはこんな案内板が。
080428-11.jpg
この日はお昼でも予約で満席でした


2階の個室にご案内・・・
080428-15.jpg
ちょっと広めの落ち着くお部屋
お料理が運ばれてくるまでお茶をいただきながら
のんびりお喋りして楽しみます

箸置きも豆皿料理にちなんで「豆」の形?
080428-8.jpg
舞妓さんが一口でも食べられるようにと作られたという
「豆ずし膳」をお願いしました。



一品目
080428-12.jpg
「旬」の食材・・・たけのこです。
甘辛の醤油の香ばしい香りがお部屋中に広がって~
もう~、たまりません。
用意してくださった懐紙でがっつり手づかみで食べました。



そして、二品目
080428-13.jpg
「鯛の薄造り」
お皿の絵柄がくっきりはっきりわかる包丁さばきに感動。
美味しすぎてふと気づいたらあと3切れしか残っていない
慌てて写真を撮りました(笑)



3品目
080428-14.jpg
「桜鯛の桜包み銀あんかけ」
具が餅で丁寧に包まれているという丁寧な仕事ぶりに
感動しつついただきました。
ほんのり温かい餅の柔らかさが食欲をそそります。
薄味に仕立てられていて上品ないっぴん!
大変美味しゅうございました



そしていよいよ楽しみにしていたこちらのいっぴん・・・
080428-17.jpg
「豆ずし」です。

大きな蓋付きの木箱に入って運ばれてくるこの「豆ずし」。
蓋を開けた瞬間に思わず
「うわぁーーーー♪」という声が・・・

目にも鮮やかな可愛らしい小さな小さなお寿司!
こういうのに弱いんです、私。
もう、ハートを射抜かれてしまいました


一番手前の左端の丸いのはなんと昆布なんですよ~
可愛すぎます~~~
さくらます、さより、さばといった海の幸をはじめ
筍、ミョウガ、菜の花、ふきなど春の食材を盛り込んだ
「豆ずし」は圧巻でした。


お椀もちゃんとつきます。
080428-16.jpg


最後のデザートはこちら
080428-19.jpg


手作りの「抹茶のわらびもち」です
080428-18.jpg
美味しいぃぃ~~~~~~
京都には美味しいものが沢山あって
もうノックアウトされてしまいました。


町屋の美食体験・・・大満足でした♪

街全体が優しい雰囲気で
お腹だけでなく、体も心も癒してもらったような気がします。



ブログランキングに参加しています♪
応援↓ポチッと一押し↓お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへ
ランキングはこちらをクリック!























祇園の甘味処をはしご・・・♪ 

京都らしい風景。

「巽橋」です
080427-1.jpg
祇園を舞台にしたドラマには欠かせない有名スポット。
「ここ、見たことある!」という方も多いと思います。
観光客で常時賑わっているところです



巽橋から見た水面。
080427-9.jpg
新緑がよく映えます



橋のすぐ脇にある甘味処で一休みすることに。
080427-7.jpg
「甘味処 ぎをん小森」




入り口で靴を脱ぎ、長い廊下を歩いていきます。
080427-10.jpg
聞けば、こちら。
一見さんでは入れなかった元お茶屋の建物を
そのまま利用しているそう。
なるほど、納得~~~~~♪




案内されたお部屋からの風景
080427-8.jpg
窓越しに新緑と白川の流れが楽しめます。
鳥のさえずりも聞こえてタイムスリップしたみたい。
ふらっと入ってもこんな素敵だなんて・・・
この時間の流れが止まったかのような錯覚を
しばし楽しませていただきました~



「お抹茶と和菓子」をいただくことに
080427-3.jpg



本日の和菓子はきな粉がたっぷりかかったわらび餅
080427-4.jpg
お抹茶のほろ苦さとよく合います


日本人で良かった~と思いつつ店をあとにして・・・
080427-11.jpg
080427-12.jpg
向かった先は「八坂神社」




最後は、くづきりの有名店「鍵善良房(HPはこちら)」
080427-6.jpg
八坂神社から歩いてすぐ。
丁度「都をどり」のシーズンだったからか
すごい混みようでした


こちらの茶房で「くづきり」を注文すると・・・
080427-15.jpg
とっても美味しい落雁(菊寿糖)が出てきます。


これです、これ!
080427-14.jpg
疲れた体に染みいる甘さがたまりません~~



そしていよいよ「くづきり」が登場
080427-5.jpg
二段になっていて、かなりの大きさ。
男子高校生のお弁当箱??と思うくらいすごいです(笑)



蓋を開けるとこんなカンジ
080427-0.jpg
中には氷の固まりが入っていてキンキンに冷えています。
出来たての綺麗な透明色のくづきりに黒蜜がよく合って~
濃厚なんですけど、しつこくないので
男性の方や甘い物が苦手な人でもイケます。



お味の方は・・・・美味しい!


並んで待った甲斐がありました♪
今度は真夏にいただいてみたいな



京都の宿は本能寺近くのオークラで
080427-2.jpg



鴨川や大文字が眺められる素敵なお部屋に大満足
080427-13.jpg
京都の旅はまだまだ続きます





ブログランキングに参加しています♪
応援↓ポチッと一押し↓お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへ
ランキングはこちらをクリック!