スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震に伴う支援について (救援物資の受付) 

ブロ友さんのところから。


***************************************************************

港区スポーツセンター(三田)で食料を受け付けています。

http://www.city.minato.tokyo.jp/kinkyu/kyuenbussi/index.html

【食糧品(賞味期限が3カ月以上あるもの)】
・缶詰(加熱処理を必要とせず、そのまま食べることが可能な缶詰)
・お米(精白米、無洗米、レトルトのパックのご飯、アルファ米等そのままで保存が可能な米類)
・ペットボトルの飲料水(水、お茶、スポーツ・果汁飲料等(500ミリリットル、2リットル等))
【生活物資】
・おむつ(乳幼児、大人用)
・粉ミルク、離乳食(賞味期限が3カ月以上あるもの)

いずれも、未開封、未使用の物品をお願いします。

いわき市のお知らせ → 

いわき市では既に安定ヨウ素が配布されています。
「東京の浄水場からヨウ素が検出されました」
というようなレベルではありません。

それなのに食料まで不足しているのです。→MSNニュース記事参照。

猪瀬直樹氏のTweet
救援物資の受付を一時中止せざるを得なくなった件。都庁に13万件もの善意が届けられているが3月27日日曜午後4時でいったん締切。岩手・福島県より、倉庫がいっぱいと。県から被災地の市町村へ送る輸送網(道路、トラック、ガソリン、人手不足)が詰まっている。いわき市は直接取りに来た。

http://twitter.com/#!/inosenaoki/status/50961976834260992

昨日の仕事帰り
三田へ向かう途中何件かスーパーに立ち寄りました。
お米、おむつ、粉ミルクはなし。
缶詰は15個。
水は500mlのペットボトル3本しか買うことができませんでした。

本当に少しで申し訳ありません、と手渡して帰宅。
それしか今はできません。
今日も仕事なのでまた夕方には売り切れているでしょう。

震災から2週間。
一日1000人単位で人が亡くなっています。

東京は餓死の危機に直面していますか?

***************************************************************


いわき市のHPによると、

「生活物資に関し、
 被災地における安定的な市内物流が確保されていないため、
 避難所以外においても、
 市として市民の皆様に対する食糧等の配布を実施してきた
 ところでありますが、
 本日、3月27日(日)の食糧等の配布については、
 市民の皆様に配布できる物資が少ないことから、休止します。」

とありました。


こちら、港区スポーツセンターでは
3/31(水)18時まで救援物資の受付をしているそうです。

行ってきます。



110327-1.jpg



内閣官房震災ボランティア推進室連携プロジェクト
3.11救援情報サイト
助けあいジャパン





人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。