スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@@@ パッピンス(CAN MORE) @@@ 

女4人の韓国旅行の続き

買い物の合間に立ち寄ったのは、
友人が「一度食べてみたかったの!」と言っていた
パッピンスのお店。

100625-40.jpg

          「CAN MORE


100625-41.jpg

明洞のビルの一角(2階)にあります。
入口付近は露店などが出ていて雑多としていたので
ちょっとわかりにくかったです。


100625-42.jpg

階段をのぼると
そこには意外や意外。
お花柄満載のラブリーワールドが!




100625-43.jpg
天井。



100625-44.jpg

この椅子、前後にゆらゆらするんですよ。
あっちでゆらゆら、こっちでゆらゆら・・・
いいのかっ?
私達みたいな4人がここに来て??・・・と一瞬思ったものの
折角の旅行だしねと開き直って入店(笑)
自分が今まで足を踏み入れたことのないワールドだったので
この雰囲気(インテリア?)にはちょっと驚きました。





こちらは、窓際のカップル席。

100625-45.jpg

窓際の椅子だけは、なんとブランコ型。
天井からロープで吊されています。
窓際はどこもゆらゆら、ラブラブ~、アツアツ~♡
ちょっと目の毒でした(苦笑)


ええ、
こんなカンジのラブリーワールドだったんで
若いカップルや女の子達で店内は混雑していましたよ~。





私達が頼んだパッピンス。

100625-48.jpg

「パッ」は小豆、「ピンス」は「氷水」を指します。

フィリピンでいうハロハロ、
台湾や香港などで見かける紅豆冰みたいなもの。
日本にも昨年アイスベリーの支店などが出来たりしていますよね。

100625-49.jpg



下はかき氷。
上には、ソフトクリームやフルーツ、小豆がたっぷり。
フルーツは缶詰ではなくフレッシュフルーツでしたけど
かなり甘いです。




これは、
パッピンスについていた薄切りトーストと生クリーム。

100625-50.jpg

パフェについているウェハースのような感覚で
途中途中でいただくんですって。

私達にとっては、ちょっと不思議な食感覚を初体験。



ま、
普段だったら入れないお店に入るというのも
旅行ならではの醍醐味ですよね。
ふふっ、こういうお店に行くなんて
若作りしすぎなんじゃない?と責めないでくださいまし。


このあと、夜にまた面白いソフトクリームに出会いました。
これもまたびっくり(笑)
また改めて記事にいたします♪




人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。