スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@@@ おひなまつりのおうちごはん ~ 2010 @@@ 

    おひなまつりのおうちごはん

100303-7.jpg



我が家の定番。


100303-2.jpg


毎年恒例になっているちらし寿司
(昨年の過去記事はこちら



100303-4.jpg


酢ばすの入った酢飯の上に、
刻み穴子、菜の花、角切りの玉子焼き、
鯛、サーモン、えび、いくらの醤油漬け、
ちょこんとスナップえんどうをのせました。
今年もやはりでんぶはパスしてさっぱりと。
去年と違うのは、サーモンのあるなしぐらいですわ。
毎年、ここまでおんなじになるのって我が家くらいでしょうか?
芸がなくてスミマセン(笑)

さてっ
来年はどうなるのか!?




       はまぐりの潮汁

100303-1.jpg

毎年、ひな祭りが近くなるとなぜか値上がりする蛤。
今年は1個400円でした。
・・・た、た、高っ。

なじみの魚やさんなので
「これで貝が開かなかったらあたしゃ悲しいから、絶対開くやつにして」
と言ったら
「うちのは全部ちゃんと開くよ、だいじょーぶっ!」
とテケトーにかわされちゃいました。
はい、ちゃんと全部無事に開きました。
よかった~







あとは、
肉星人のリクエストによる・・・

        和風水餃子

100303-6.jpg



白菜&豚ひき&えびのシンプルな水餃子。



100303-12.jpg100303-13.jpg
100303-17.jpg100303-14.jpg
100303-15.jpg100303-16.jpg

もち粉入りの市販の皮を使ったので
ツルンとしてのどごしの良い水餃子に。


豚ひき(100グラム)はしっかり下味(酒、醤油、水)をつけて
しょうが・大葉・ねぎ(←たっぷり)を混ぜ入れて、こねておきます。
この時の水は、生姜とねぎをひたして風味を移しておいたものを
しぼって使うと風味がぐっとよくなって美味しくなります。
えび(120グラム)は食感を感じるくらいの粗みじん。
白菜(300グラム)に塩をして水分をしっかりしぼったあとに
片栗粉(大さじ1~2)をまぶして最後に具材に加えるのがコツ。
そのあとは、混ぜすぎないようにさくっと。
最後に太白のごま油の生搾りと焙煎を大さじ1ずつ加え、
水分をしっかりコーティングするのがこだわり。
こうすると、くどすぎず&ふっくらジューシーになります。


100303-18.jpg



冷蔵庫でしっかり寝かせてから包みました。



100303-8.jpg

ぽん酢でさっぱりと。
しょうががきいていてとってもジューシーでした







ごちそうさまでした♪

100303-11.jpg

ひなちらし
はまぐりの潮汁
和風水餃子
せとか(いただきもの。ジューシーでうまうま!)





お酒?


はい、
これから飲みまふ。



むふふっ





ブログランキングに参加しています♪
励みにさせていただきますのでクリックお願いします!
 ↓↓     ↓↓    ↓↓    ↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ





ケーキも食べました。
買ってきたものだけど(-_-)

100303-19.jpg




<お知らせ>

FC2(PC?)不調と多忙のため
コメ欄しばらく閉じさせていただいてます。
コメ欄や本文に文字を入れようとすると
フリーズしたり、消えたりするので(ただいま、問い合わせ中)

落ち着いたらコメント&訪問させていただきたいと思っています♪
遊びにきてくれてありがとう~、感謝(^^)!!!
↓の拍手コメのお返事、しばしお待ちをっ(ぺこり) 終了!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。