スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビストロめし@BERNACHE BISTROT A VIN (大岡山)♪ 

200712110633361020071211063336820071211063336620071211063336420071211063336220071211063336



↓↓今回いただいたのは・・・

☆豚肉のリエット

☆ほろほろ鳥の砂肝のコンフィのサラダ

☆モンサンミッシェル産のムール貝の白ワイン蒸し

☆牛ハラミのバベットステーキ

☆羊肉のクスクス メルケーズソーセージ添え

☆ホワイトチョコレートのガトーショコラ





行ったお店は「ベルナーシュ ビストロ ア ヴァン」。

「ベルナーシュ」とは
フランスのとある産地でしか味わえないワインのこと。
微発泡しているワインで
地元でも9~10月にしか出回らない貴重なワインなんだそうです。

大岡山駅から徒歩5分のところにある
今年3月にオープンしたばかりのビストロです。

メニューは黒板に書かれたアラカルトのみ!

その日入荷した食材を最良の方法で調理するためには
メニューは黒板でなければ…という姿勢が好感度大♪

「料理通信12月号~黒板メニューの店ガイド&レシピ」や
「Hanako~2007今年最高のレストラン72軒」などにも
掲載されているお店です。

シェフの代田氏は
「独立するなら住宅街で愛される店を」との思いで
この地に店を構えたそうです。
代田氏は、原宿バカナル→赤坂アークヒルズのオーバカナルで
シェフを5年半務めた人物。
当時、冬には伊豆から子猪を丸ごと送ってもらい
アークヒルズ内で毛を剥いでいたというから
びっくり~です!!

前菜のリエットは薄味のさっぱり系でいくらでも食べられます。

ムール貝は
極上として名高い世界遺産で有名なモンサンミッシェル産!
大きさはやや小ぶりながらも期待を裏切らない美味しさに感激♪
味が濃くてエキスが舌に染み入りましたぁーー
極めてシンプルな料理ですが、素材の旨味がよく出ていました。
これは絶品♪

サラダも砂肝がほっこり柔らかくて「ホントに砂肝なの?」と思うぐらい。
ほんのり温かくてまた食べたくなるサラダです。
おすすめ!

あと、
隣の人が食べていた
「アンディーブとロックフォールチーズのサラダ」が
すごく美味しそうでした。
今度は食べようっと!

さてさてメイン(2品)。

赤坂オーバカナル料理長時代からのスペシャリテ
と言っていたものを注文してみました。

バベットステーキはビストロにしては本格的。
葡萄色のソースがまじうまです。
本格的なフランス料理店にも負けないんじゃないかな?

クスクスは羊肉の香りが強いので好き嫌いが別れそう。
肉だけでなく
色々な具材(野菜や自家製ソーセージ等)が入っていて
かなりボリュームがあります。
野菜は三浦半島の契約農家からの仕入れているとか。
ルクルーゼの鍋ごと持ってきてくれて
煮汁を好きなだけかけて食べるスタイル。
このソーセージ、
牛&豚&羊肉全てが入っているそうで独特の風味がします。
しかもかなりピリ辛!

イケます。

はまる人ははまる…
そんなマニアックなお味です。

…で、
夫はすっかりハマってばくばく食べておりました(笑)
ソーセージだけ更に食べたい~という方は
前菜としてもオーダーできます。

メインに関しては
夫はクスクスに一票、たまはバベットステーキに一票
…と好みが別れましたが(笑)

いずれの料理も豪快で直球勝負。
フランスの下町にいるような錯覚に陥ります。

ワインも食前酒→白→赤とハイペースですすみ
帰り道は二人ともへろへろになってしまいました。

おすすめの白ワイン…
ジャスミンティーのような香りがして美味でした。
なんていうワインだったんだろ?


ブログランキングに参加中♪
↓宜しければポチッと一押しお願いします。


↓こちらも宜しくお願いします♪
にほんブログ村 グルメブログへ

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。