スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境を越えて、マレーシア・ジョホールバルへ 

シンガポール紀行のつづきです。

110721-29.jpg
シンガポールとマレーシアの国旗。







お隣の国。
マレーシア最南端の街・ジョホールバルへ。

110721-27.jpg
シンガポールとは橋(コーズウェイ)で結ばれていて、
車で気軽に行き来できます。








国境。
110721-28.jpg
110721-30.jpg



橋の手前と向こう側、それぞれでイミグレーション。



110721-31.jpg
110721-32.jpg
入国審査は車からおりて。出国時はおりないでOK。







折角だからマレーシア国内で軽食でも食べよう!と
立ち寄ったレストラン

110721-33.jpg


タクシーの運転手さんのおすすめ。


110721-34.jpg


「Banafee」という名前のレストラン。



110721-36.jpg

民族衣装(バジュ・カバヤ)をまといベールを巻いた女性が多い。
食事をしている男性は、右手でごはん。
レストラン内でも、
こんなエキゾチックなマレー文化な光景がちらほら。






頼んだ食事は、ミーゴレン

110721-35.jpg


私達は、手ではなくフォークで食べましたよ~。


110721-37.jpg
パッタイとか、ミーゴレンとか、
暑い日はこういうのがすごく美味しく感じちゃう。











腹ごしらえしたあとは、観光を。

シンガポールからはわずかな距離ながら
イスラム色の強いジョホールバル。
イスラム様式の建物が点在し、遠くからコーランも聞こえたり。

110721-43.jpg
これもモスク。





ジョホールバル観光のメインといえば、ここ。
青い屋根が美しく優美で繊細な佇まいを見せる
印象的なサルタン寺院アブバカール・モスク。

110721-44.jpg


マレーシアの中で最も美しいと言われるモスク。
当時の王、アブ・バカールの名を冠しているだけあります。
約8年の歳月をかけ、1900年に完成したんだそう。


110721-45.jpg
イスラム回教徒以外は立ち入り禁止ですが、ぐるりと見るのは可能。






さらに敷地が50ヘクタールもある王宮を見学。
といっても外側からだけで~(入れません)。
110721-47.jpg


蘭園やシダ園も有するイスタナ・ガーデン内にあり。
アブ・カバール王により1886年に建立され
今でも王室行事に使われているところ。
別邸の屋根も「青」でした。


110721-46.jpg
王の紋章。


マレーシアには日本の天皇のような象徴的な君主が存在。
「スルタン」と呼ばれる基本首長がいて、
輪番制で「アゴン」と呼ばれる君主になる。
(選挙はなく、順番に選ばれるシステムが面白い)

ちなみに、
マレーシアには13の州があるけれど
イギリス植民地色が強かったペナン、マラッカなど幾つかの州には
スルタンはいないんだそうです。
残り9州にいるスルタンが順番にアゴンに。


以上、
今回の旅でお勉強になったこと。
異文化に触れるのって、やっぱり楽しい。



110721-38.jpg





ちょこっとおまけ

ジョホールバルの街の風景って・・・
110721-39.jpg
110721-40.jpg

ハワイ島のヒロの街に似ている。


イスラムモスクだけでなく
こんなヒンドゥー寺院も見かけました。

110721-41.jpg

派手というか、きらびやかというか。

110721-42.jpg

シバ神が、いっぱいすぎない?






<↓↓ 過去記事にコメントくださった皆様>

いつもありがとうございます。嬉しく拝見しています。
訪問できておりませんで、スミマセーン!
夜には伺えるかと思いますので、
しばし、お時間いただけると嬉しいです(ぺこり)



人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

Comments

はじめまして。

studio r (スタジオアール)という食写真専門のギャラリーウエブサイトを主宰しているReikoといいます。

studio r (スタジオアール)では、一般の皆さん(主にブロガーさん)から投稿される美味しそうな写真を掲載。毎日新しい写真が加わっています。よかったら一度ご覧くださいね。

http://www.studiorfood.com

もし既にご連絡させていただいていたら失礼いたしました。

昨日、TVで「海外に一ヶ月10万円で住む」と言う番組をやっていて、マレーシアのなんとか(苦笑)ハイランドって言う町が、一番人気だったんですよぉ
マレーシアの軽井沢と言われているらしくって、そんなに暑くないみたいで
町も日本人に暮らしやすそうで、すっごくいいトコでした!!
俄然、マレーシアの興味津々の本日、タイムリーな話題で、うれしいですぅ

知らない街の旅行記事ってすっごく楽しい!!!行ってみたいです。
にたまちゃんは食べものだけでなく景色や建物も紹介してくれてうれしいわ!

国境ってなんだかとっても好き!

下の妹と一緒の旅で、ジョホールバルでお昼ごはん食べて、モスクと王宮行って写真撮ってシンガポールにとんぼ帰りしたけど、行ってよかった~。

にたまちゃんの記事見てたら、また行きたくなってきたよ。

○Reikoさん
はじめまして!
時間があるときに拝見させていただきますね。
コメント、ありがとうございました。


○Mumさん
おお~、旬な話題だったんですね。
そのテレビ観たかったなぁ、見逃してしまって残念(T_T)
老後の海外移住、あこがれますー!

○ママンちゃん
ありがとう!
私もママンちゃんの一人旅のオサレ海外旅行の記事を見て
すっかり自分も行った気になってます、いつも。
ぶはっ(笑)


○しょこらちゃん
お~、もしかしてほぼ同じコースかも!(笑)
うちはダンナがはじめてのシンガだったの。
懐かしい土地を久しぶりに再訪できて楽しかったです^^


○鍵拍手コメMさん
ありがとうございます!
私共もなかなか長いお休みがとれなくて
近場ばかり。
ヨーロッパとか遠いところに旅行行きたい病を発症中(笑)
えぇ、お互い来年行けるといいですね^^

あたしもまむちゃんが書いてる
番組見た
ゴルフが1000位なの..
住みたい

国境超えした事がないです。
シンガだけでも素敵~と拝見していたのですが、マレーシアの町並みもまた、エキゾチックですね。。
ミーゴレンも美味しそう!!

○Kyokoちゃん
ひゃー、ゴルフが1000円なの!?
それなら月10万円で充分楽しめておつりがくるね。
私も、住みたい・・・


○ぴのこさん
自分達日本人が島国で単一民族だからか
国境超えって、なぜだかテンションあがります(笑)
以前、板門店JSAの国境ツアーに参加したこともありますが
その時とは全く違う雰囲気で、それもヨシ。
のんびり楽しんできました^^。

日本に住んでると車でツーーーっと国境越えるって凄くラクそう(?笑)でいいなと思ってしまう~。
まむちゃん言ってるテレビ、私スペインのとこだけ見たわ。
憧れる暮らしぶりだった~!

マレーシアの食べ物はシンガポールとどのくらい違うのかしら?
シティーで働いていた頃は、週に2~3回マレーシアンのお店でランチを食べていたくらいだーいすき。

こんばんはぁ~。

車に乗って国境越えなんてかっこいい~!
不思議な街並みですね~。
いろんな感じが混ざってる。。。

ミーゴレン、本場のは美味しいんでしょうね~♪

ただいま帰りました!
にたまごんさんも海外に行ってらしたんですね!

なんだか騒がしくて汚らしい
NYの街とはうって変わって
とっても素敵で趣があるんですね!

行ってみたくなりました!
ご飯も美味しそうだし~!
ミーゴレン食べたい!
ナシゴレンも食べましたか?

○エミリオっち
スペインもあったの!?
みんなで老後は海外移住する?
月10万円分の生活費持って(笑)


○かおちゃん
マレー料理そんなに食べていたの!?
私もちょいと縁があって子供の頃から大好き。
マレー料理は、
ナシゴレンとかサテアヤムとかインドネシア系の料理に近くて
シンガ料理は多彩なアジア各国料理の融合のイメージかなぁ。
中華とか、マレー、インド、タイ、ベトナム料理まで色々あって選ぶのに一苦労!!??

○ぺるしゃんさん
東洋と西洋が交差したカンジがしますよね。
なんてことない地元の方ご用達のレストランでしたが
美味しかったですよー!


○メイさん
ひゃー、おかえりなさい!
こちらのお店ではありませんが、
定番ナシゴレンもいただきました。
NYのお土産話楽しみにしています。ワクワク^^♪

楽しいー。こうやって見ているだけで旅した気分を味わえるから、海外ものは好き。
屋台の食事も、朝のフォーも
たまらないね。シンガポール料理
は味付けが好きなの!!
本場のは食べたことないけど(笑)

○名無しさん
モニちゃんかな?
アジアンの集合体みたいなお料理で私も好き。
私も人のブログでお腹いっぱいにさせてもらっていること
数知れず。
いい時代だねー!ただで世界旅行出来ておなかいっぱーい!(大笑)

マレーシアは安くて美味しいと友達が言っていた。
将来はリタイア後に住みたいらしい。
こうやって見ると、楽しそう~!
スルタンがいて、アゴンという君主がいるなんて、知らなかった~!

ヒンドゥー寺院の奥に高層ビルが見えるのが面白いかも。
なんだか、不思議な空間がマレーシアには広がっていそうで、行ってみたいな。

○ぱにぽぽちゃん
小さな都市国家なのに
エネルギッシュで国際的で都会的でエキゾチック!
加えて物価も安いとくれば、住みやすいでしょうね。
色々なものが雑多に存在するカンジが面白い?(笑)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。