スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯塚シェフの「 Restaurant Ryuzu 」へ♪ (六本木) 

六本木ヒルズの2つ星フレンチ
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション
の料理長を5年努めた飯塚シェフが独立し、
今年2月に同じ六本木ではじめられたお店です

110812-1.jpg

  「 Restaurant Ryuzu 食べログはこちら→




こちらを貸し切りにしたちょっとした集まりがあり
伺ってきました。

シンボルツリーを正面に見ながら
地下へ下る長ーーーい階段をおりていきます。

110812-2.jpg


大理石の柱、ベネチアンガラスの額装、アルマーニのシェードなど
内装は、黒を基調としたシックなモノトーン。
天井は高く開放感もある。
洗練されたオトナのレストラン~という雰囲気。


110812-3.jpg



左手奥は厨房が眺められる Bar風 ハイカウンター席?
お一人様の特等席になりそうな雰囲気の造り。

正面奥のアールの仕切りの向こうは、個室ブースになってました。
そういえば椅子もアールを描いた背もたれで座りやすかったです。
ちなみに、壁とお揃いのイタリア製の布地なんだそうですよ。
凝ってる!


110812-5.jpg


当日のお料理は、人気のあるもの&旬のものを組み合わせた
シェフおすすめスペシャルコース

さてさて、チーム飯塚のお料理はいかに。
期待が高まります!





とりシャン。
(=とりあえずシャンパーニュで乾杯)

110812-4.jpg


お若いスタッフさん達なのに
皆さんサービスもそつなくしっかりしていらして心地良い。
ロブション、ベージュ東京、ガルニエール・・・
などにいらした面々だそうです。
ソムリエさんのシャンパンのそそぎ方(小指遣い)が
とても美しくて見惚れちゃいました(笑)




飯塚シェフもお顔を見せてくださいました。

110812-6.jpg



このあと、白→赤とがっつり3杯。


110812-12.jpg110812-13.jpg
110812-18.jpg110812-26.jpg
おすすめの白がすっごく美味しかったんですけど、
お酒はグラス少なめなのでおかわりしたくなる?
グラスは意外にお高くつくので飲み過ぎ注意ですねー(笑)







アミューズブーシュ

110812-7.jpg

空豆のムース トマトソース。
ふんわりとして口当たりがとっても滑らか。
青い香りがイイ。
さっぱりした風味と鮮やかな色合いが初夏を思わせる一品。



パン

110812-8.jpg


ルクセンブルクで8割ほど焼かれた生地を冷凍空輸したバゲットを
店でリベイクしているそう。


110812-9.jpg

小麦の甘くて香ばしい風味があって好きなお味。
外はカリッ、中は全粒粉でふっくら。
一本20センチはあったかな?
だけど、おかわり自由でおかわりしました(笑)
無塩バターで。







北海道産毛ガニのアミューズブーシュ

110812-10.jpg

110812-11.jpg

蟹味噌をたっぷりまぶした濃厚な蟹の前菜。
ふたつに割ると中からジュレがトロリ。
まわりはじゃがいものヴィシソワーズ仕立てで。
水玉模様は、ロブションお得意の粋な小技。
ここでも健在でした!










鴨フォアグラのソテー
      ~ 賀茂茄子と共に 
 

110812-15.jpg

110812-16.jpg

緑のソースはパセリソース。
バルサミコソースを混ぜていただきます。おいしーい!
カトラリーはフランスのERCUIS(エルキューイ)。





お魚料理

110812-17.jpg

新潟県十日町出身で食材にこだわりを持つ飯塚シェフ。
初めて日本のムール貝を使ったそうです。
色々食べ歩いてコレ!と思った
熊本の某おばあちゃんのものだそう。
伺った一ヶ月前にはじめて採用した食材だったそうです。
お魚は徳島産のスズキを鳴門で活け〆にしたもの。









越乃黄金豚。
ハーブでマリネしブリック包み焼きに
野菜のソテーと共に 


110812-20.jpg

シェフの地元の「豚」。
フレンチなのに春巻き?という意外性が面白い。
春巻きのような小麦粉でできた皮の中に、
豚肉、豚足、レンコンのコリコリした食感の具が入っています。
マデラ酒、シェリーヴィネガー、マスタード、エシャロット、
ハーブなどを3~4日煮詰めたフォンドボーで!
周りでも好評な一皿でした。
あぁ~、また食べたいなぁ。






ピスタチオのクレーム
  ~苺のソルベ&メレンゲを乗せて


110812-21.jpg






レモンクリームを詰めた
  フロマージュブランのムース
 ~ライムのジュレと共に 


110812-22.jpg

110812-23.jpg
周りの女子達がこぞって「おいしいー!」とつぶやいた一皿。
暑い夏にこういうさっぱりデザートは嬉しい。かなり好み。





食後のコーヒー

110812-24.jpg






プティマドレーヌ&生ショコラ

110812-25.jpg

フィナンシェは、指に吸い付くようなシットリ感。
いいバターの香りと程よい甘さでした。




全体的に女子向き。
ライトで野菜多め。
優しい味付けのヘルシーなコース構成でした。

フォアグラが苦手だった友人もフォアグラを完食していたり、
小食の友人もペロリと全て平らげていました。
これぞ、飯塚マジック?


また近いうちに是非伺いたい素敵なお店でした。
今度は、家族で。


マイブームの予感(笑)





しばしの間、東京を離れております。
よって、ブログ夏休みちう。
本日も更新のみで失礼いたします~(ぺこり)




人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。