スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あたみ石亭 桜岡茶寮 」(朝食編) 

         慶春の「御祝肴」

110107-61-1.jpg

           





「あたみ石亭 桜岡茶寮 」での朝食編。

お正月らしい新春の祝い膳をいただいてきました。

110107-61.jpg



支度をととのえていただくのを待っている時間が好き。
窓からの景色を愛でつつ
まったり語らいながら飲む梅昆布茶のおいしいこと。

110107-85.jpg
110107-61-2.jpg






年の初め。
やはりお屠蘇は欠かせませんよね。
今年一年の健康長寿を願って。

110107-63.jpg
110107-64.jpg
110107-71.jpg






「御祝肴」と「御千代口」と「寿の物」「香の物」

110107-65.jpg
110107-66.jpg

「御祝肴」は、

紅白蒲鉾、田作り、栗きんとん、たたき牛蒡、鰊昆布巻き
鈴子(いくら)、伊達巻き、数の子。

こうやって白い丸皿に一人分ずつちょこっと盛りするのって
見た目もきれいだし食べやすくていいですねぇ~
来年のお正月はこんな風にしてみようかな。





「御千代口」は、黒豆。
「寿の物」は、紅白なます。蛸と山葵で。

110107-72.jpg110107-70.jpg
110107-68.jpg110107-67.jpg
あとは、ほうれん草の胡麻和えも。
練り胡麻がきいてて美味しかったな。





香の物があると、白飯が食べたくなりません?

110107-75.jpg

・・・と夫婦で話していたら
   すぐに、おひつで持ってきて下さいました(笑)







「家喜物」

110107-73.jpg

金目鯛の塩焼き。
美しい反り具合に感心(笑)
酢橘をしぼって食べました。
(酢橘の切り方、ちゃんとしぼりやすくなっているの。丁寧な仕事に感動。)







「多喜合わせ」

110107-74.jpg

鰤大根。
梅人参、牛蒡、いんげん、木の芽を添えて。








「御雑煮」

110107-76.jpg

自宅で食べてきたすまし仕立てのお雑煮とは全く違うお雑煮。
白味噌仕立てで、ほんのり甘い(甘過ぎなかった)
まん丸の合鴨丸餅がコロンとひとつ入っています。
あとは、大根、人参、椎茸、三つ葉、柚子。
お餅は、四角かったです。

さすが、縦長ニッポン。
地域によって同じ「お雑煮」でもこうも違うんですねぇ~
主人(ダー)のところは、
我が家と同じすまし仕立てですが餅が丸くて具材が異なるし、
色々食べ比べてみるのもまた楽しい!







「水菓子」と「甘味」

110107-77.jpg



水菓子は、グレープフルーツと苺。
甘味は、お正月らしく「お汁粉」で。
個人的にはすすんでは食べないけれど(漬物=白飯人間だから)
お口直しにちょっとしょっぱいものも・・・ね。



110107-78.jpg







「食後のコーヒー」

110107-79.jpg
110107-80.jpg
チョコレートやクッキーと一緒に。





前夜あれだけ食べたのに
これだけボリューミーな朝食をいただいたら
もう~、ホントにもう~~~お腹いっぱい。



この日は、
東京へ帰る渋滞もあってお昼は食べなかったんですが
丁度よかったです。



・・・ホントですってば!(笑)



110107-84.jpg



リフレッシュできて、楽しい滞在でした。









ちょこっとおまけ。
お年賀をいただきました。

110107-81.jpg
110107-82.jpg110107-83.jpg


可愛らしい白いお皿。
ちょっとしたものをのせるのによさそう。

あとは、オミヤをふたつ。
間瀬のくるみもち(写真下)と・・・
石亭のお部屋で出されるオリジナルの和菓子を
買って帰途につきました。

110107-88.jpg
間瀬のくるみもち。









帰り道。
予想通りでしたが、大渋滞。

110107-86.jpg
110101-25.jpg




づがれだ



人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

スポンサーサイト

「あたみ石亭 桜岡茶寮 」(客室編) 

2011年お正月・温泉旅行の備忘録。



写真だけさらっといきます。






「あたみ石亭 桜岡茶寮」の客室

110107-40.jpg
玄関。
ここのお宿。
内側から施錠は出来ますが、「鍵」っていうものはありません。
でも、今まで事故などは一度もないそう。
それって、すごい。





110107-41.jpg

110107-42.jpg
内玄関。広いです。




110107-42-1.jpg

110107-43.jpg
廊下。




110107-44.jpg
110107-45.jpg110107-46.jpg
露天風呂もありますが、お部屋でも温泉を楽しめます。



110107-47.jpg
客室から庭を眺めて。



110107-48.jpg

110107-53.jpg

110107-49.jpg
↑あら、私の足が(笑)



110107-51.jpg

110107-50.jpg

110107-52.jpg





あたみ石亭の方の玄関・ロビー。
(桜岡茶寮の玄関はこちらの過去記事で→

110107-54.jpg

110107-57.jpg

110107-55.jpg

110107-56.jpg
鎧って、ちょっとコワイのは私だけ?








そうそう。


朝、お庭にこんな珍客が。

110107-60.jpg



のどが乾いていた模様。

  


ほほえましい朝の1シーン


人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

「 2011新春・あたみ石亭 桜岡茶寮 」(お食事編) 

2011年・お正月の温泉宿の備忘録
あたみ石亭 桜岡茶寮にて。

110102-4.jpg
客室の床の間。






敷地内(3000坪)を散策したあと、

110102-7.jpg




お部屋に戻り、一服。

110102-5.jpg
110102-8.jpg


夕食の時間までまだ時間があったので
露天風呂にのんびり入って
缶ビール飲みながらお部屋でまったり。
これぞ、至福の時間♪




110102-9.jpg
夕食のメニュー。






夕食のスタートは食前酒(梅酒)から。

110102-10.jpg






先付。

110102-12.jpg

「雲丹玉地蒸し」

見ての通り、雲丹がたっぷり。
中には、山葵と胡麻豆腐が入っています。
ふんわりしてるけど、しっかり味があって美味。
言うことナス。
さすが、
JTBの食事部門で80点以上(5ツ星)を獲得しているだけの
お宿だけあります。






前菜。

110102-11.jpg

○からすみ大根
○松笠くわい
○甘海老酒盗
○梅香長芋
○栄螺(サザエ)の胡桃和え
○黒豆~金粉のせ
○胡瓜





忘れてました。
生ビールで乾杯。

110102-13.jpg

浴衣+すっぴん+そのまますぐ寝ちゃってもいいのって最高。
( 部屋食バンサイ!)




吸い物。

110102-14.jpg

「蛤しんじょう」の椀。
タネの中に大きな蛤が隠れているの。
日の出人参、独活、おぼろ昆布、木の芽と。
椀を見れば料理がわかるといいますが、なるほど納得。
コレ美味しかったです。





向付(お造り)

110102-15.jpg

盛り合わせで。
一番左にあるのは、伊勢エビ。伊豆らしい。





しのぎ。

110102-16.jpg

穴子寿司。
ぎょくとなますもちょこっと。





このあたりから日本酒へ。
久保田の万寿。

110102-17.jpg






焼き物。

110102-18.jpg
110102-19.jpg110102-20.jpg

○鰆の西京焼き~はじかみ
○和牛ロース胡椒焼き
○もずく







煮物。

110102-21.jpg

○天かぶ含め煮
○車海老の芝煮
   ~梅麩・絹さや・木の芽・豆乳あん






強肴。

110102-22.jpg


○鮑のバター焼き
   ~椎茸・青唐・パプリカ・レモン添え



110102-23.jpg
110102-24.jpg
鮑が柔らか~い!この日一番美味しかったのはコレでした。
2番目は一品目の雲丹の玉地蒸し。






止め肴 (酢の物)

110102-25.jpg

○鮭と帆立貝~みぞれ酢






お食事。

110102-26.jpg
110102-27.jpg

○蟹御飯・赤だし・香の物



蟹御飯って当たり外れがよくあるものですが、
ここの蟹御飯は、よくお出汁が出ていて、マル!
美味しくいただきました。








水菓子は、マスクメロンと柚子シャーベット。

110102-29.jpg

さてさて、ここで突然お部屋が真っ暗に。
停電ではありません。
仲居さんの配慮によりこうなったのですが
なぜだと思います?






理由はこれ。
これがはじまるから。

110102-28.jpg







熱海芸妓さん達による舞。

110102-30.jpg

お部屋から能舞台が見えるので
食事をいただきながら舞を鑑賞することができるんです。
わざわざお外に出なくてもこんな風に楽しめるなんて
これぞおこもり宿。






この熱海芸妓さん達。
大きな声では言えないけれど
ダーいわく「結構なおばちゃんだった」そう。






シーーーーーッ !!!









ちょこっとおまけ

110102-6.jpg

板さん達との餅つきイベントもあり。
お正月を満喫してきました^^

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

「2011お正月・熱海の街歩き」 

いいお天気

海岸線を走ったときの太陽の眩しかったこと
潮風が心地よい~

110101-51.jpg






予想より早く到着したので
宿にチェックインする前にしばし熱海をぶらり歩き。
まずは、海岸線から。

110101-54.jpg110101-56.jpg
110101-52.jpg110101-53.jpg
110101-57.jpg110101-55.jpg
熱海サンビーチ&熱海ムーンテラス。





はるか昔(私の母世代?)新婚旅行のメッカだった熱海。
栄華を極めた大旅館が廃業・精算されて
ひところの賑わいと比べると大分寂しくなったなぁと感じます。
最近は
リノベーションした新しいホテルなども出来て頑張っていますが。

110101-58.jpg






熱海といえば、やっぱりここ?

110101-62.jpg
110101-59.jpg110101-60.jpg


若かりし頃、金色夜叉の貫一とお宮になりきって
この銅像の前で同じポーズで写真を撮ったりしたのよねぇ。
浴衣姿で(笑)
そんな若気の至りも今となっては良い思い出


110101-61.jpg

よ~く見ると、
貫一像の向こう側に、熱海城が見えました。






場所を変えて、
熱海銀座のあたりをぶらり。

110101-67.jpg110101-68.jpg
110101-65.jpg110101-66.jpg
110101-63.jpg110101-64.jpg

無料で配っていた綿菓子。
これで、ざらめ大さじ2杯くらいある?

「熱海七湯めぐり」もできるんですよ。
7つの源泉は歩ける距離。
いいお散歩コースです。

ちなみに写真は「河原湯」と「目の湯」。

河原湯は、道もなく石がごろごろした河原に湯が沸いていたから。
農民や漁師など一般人が入れる湯は昔はここだけだったそう。
目の湯は、別名佐治郎の湯とも呼ばれ眼病や火傷によくきくと
言われていたそうです。








老舗の和菓子屋さんも。

110101-69.jpg





糸川遊歩道を海の方へくだって。

110101-70.jpg110101-71.jpg
110101-72.jpg110101-73.jpg
なぜに、タコ、カメ、マンボウ??






昭和っぽいレトロなスナック横町なども。
やはり、ちょっとさびれて寂しいカンジ。

110101-74.jpg







このあと、宿へ向かいました

110101-24.jpg
110101-39.jpg110101-40.jpg



人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ


「あたみ石亭 桜岡茶寮 」 

おはようございまーす

今日から仕事はじめ。
朝ごはんを食べるのも、着替えるのも、すっかりスローになって
朝から、オロオロ・オタオタしてます。
こんなにのんびりしていて社会復帰できるのか?
・・・と不安いっぱいですが、行ってまいります^^!




え~、年末年始の備忘録。
こちらの記事の続きです。



お正月にお邪魔したのは、
      こちらのおこもり宿。

110101-24.jpg


       「 あたみ石亭 桜岡茶寮



110101-29-2.jpg

全10室。
おこもりにぴったりの規模。
ここは、「いらっしゃいませ」ではなく
「おかえりなさいませ」といって迎えてくれるんですよ。

受付も記帳もなく門をくぐったらそのままお部屋へ行く。
この特別感が心地よいお宿。





隣接しているあたみ石亭
こちらにはフロント&ロビー&売店あり。
そして有名な灯籠があるのもこちら
110101-29.jpg
110101-29-1.jpg
中でつながっているので、気軽に行けます。
ちょっと迷路みたい?






桜岡茶寮の中の風景をいくつか。

110101-30.jpg110101-47.jpg
110101-46.jpg110101-45.jpg
110101-43.jpg110101-44.jpg
110101-41.jpg110101-42.jpg
110101-39.jpg110101-38.jpg
110101-37.jpg110101-36.jpg
110101-35.jpg110101-34.jpg
110101-40.jpg110101-33.jpg
110101-32.jpg110101-31.jpg

「石」がたくさん!
敷地内のライブラリーには「石の賑わい」という本もあり。
由緒ある石達が各所に配置してあり、素晴らしかったです。
ちょっと浴衣だと歩きにくいけど(笑)
石亭全体の敷地面積はなんと3000坪。広い!
茶室、能舞台もあり。
客室の窓から熱海芸妓さんの舞を楽しみながらの夕食も楽しめて
なかなかよかったです~
もちろん今風の施設もありました。
ライブラリーや和カフェ、スパ、露天風呂・・・







お部屋にはウェルカムフルーツ。

110101-49.jpg






あとは、お抹茶と和菓子で新年のお祝いを。

110101-48.jpg

お部屋でのんびり。まったり。








もう「梅」がほころんでいました。

110101-50.jpg



冬の中にも春の芽吹きが・・・





春遠からじ







お正月休み期間、コメント欄を閉じている間も
拍手コメ下さった皆さん、ありがとう!
のちほど遊びに行かせていただきますね。 終了。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします(ぺこり)

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。