スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 京懐石 美濃吉本店 竹茂楼 」・・・と、新福菜館のラーメン。 

お盆休みの方も多いでしょうか?



暑くなる前のこと。
弾丸スケジュールで京都へ行った時の

食の備忘録
110802-1.jpg







伺ったのは、こちら
110802-2.jpg

      「 京懐石 美濃吉本店 竹茂楼







富山の合掌造りを移築したという部屋へ。
110802-21.jpg


数寄屋造りの本館と、
合掌造りの別館からなっています。

110802-21-1.jpg







お料理。写真メインでさらっといきます。
先付
110802-3.jpg




110802-4.jpg
琵琶湖のごり。



110802-5.jpg
笹は鯖寿司。




110802-6.jpg
穴子揚げ。



110802-7.jpg
お刺身盛り合わせ(鰹・シマアジ・イカ)



110802-8.jpg
塩で食べるのが、これまたうまい。



110802-9.jpg
万願寺とうがらし。



110802-10.jpg
稚鮎。



110802-11.jpg
たで酢でいただきました。
横に添えてあるのは、蕗味噌。



110802-12.jpg
但馬牛。右横にある緑色のものは、花山椒。



110802-14.jpg
お若い板長が目の前で調理してくれると・・・



110802-15.jpg
こうなります!



110802-16.jpg
じゅんさい。さっぱりします。



110802-18.jpg
110802-17.jpg
鰻の蒲焼き。



110802-19.jpg
豆ごはん。



110802-20.jpg
マンゴーソルベとミカン。





110802-22.jpg
これは、先々代のご主人が書かれた看板だそう。
「うなぎ・すっぽん・どじょう」と書いてありました。



美味しい京懐石をいただきながら
平成6年に京都市景観賞を受賞した景観を愛でる。
とても楽しい夜でした





ちょこっと、おまけ

つい夜にフラフラと~
110802-25.jpg


行ってしまったラーメン屋さん。
110802-23.jpg


夜中に食べたくなるのは、
110802-24.jpg

なぜだろう?




本日も更新のみで。
しばしの間、ブログもお盆休みモードとさせていただきます(ぺこり)

各地で記録的な猛暑が続いていますね。
皆さん、熱中症にご用心!
今日も有意義な一日になりますように。

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

スポンサーサイト

「阿闍梨餅 」「お豆の旅」「むら田のごま」(京都) 

京都土産の備忘録♪



その1
101202-3.jpg101202-4.jpg


もっちり感がクセになる「阿闍梨餅 (あじゃりもち)
これ、昔から好きなんですよ~。



101202-6.jpg
101202-5.jpg

皮がクセになるお味。
お茶のお供に・・・とまらなくなります(笑)







その2
101202-0.jpg


京料理北郎さんの「お豆の旅

「お豆の旅」っていうネーミングが可愛い!
故 藤山寛美が名付け親なんだそうですよ。



101202-1.jpg101202-2.jpg
101202-2-2.jpg

生湯葉、椎茸、山椒、ちりめんじゃこを使い、さっと炊き上げた佃煮。
ごはんのお供&お酒のお供に♪
朝粥のお供で食べましたが、これもうまし。





その3
101202-7.jpg



これは、母の代からずっと使っているいりごま。




101202-8.jpg

祇園・むら田のもの。
料亭・菊乃井でも使っているごまだそうです。






101201-6.jpg

あぁ、京都。


行きたくなっちゃいました




取り急ぎ、備忘録のみで。
今夜はPCいじれそうです、楽しみ♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ

京料理屋「さくら」 (京都・石塀小路) 

今日は3つの記事を一気にUPしちゃいますね。


知り合いと
石塀小路をぶらぶら街歩き


100816-52.jpg
100816-53.jpg
100816-54.jpg


大正時代に出来たという石塀小路。
八坂神社から歩いて行きました。
貸席を兼ねた高級な貸家街とするべく計画・開発されたそうで
町屋の基礎部分の石垣(石塀)が続く街並みはとても情緒的。
料亭や旅館が建ち並び、
石塀や板塀に囲まれた細い路地が続きます。
意外に人はそんなに多くなく、
くねくねと折れ続くこの独特の街並みが心地良かったです。
ゆっくりと時間が流れている感じが






連れて行ってもらったのはこちら。

100816-55.jpg

        京料理屋「さくら」






個室はこんなカンジ。

100816-56.jpg





暑かったので、定番のビールで乾杯。

100816-57.jpg




お料理は
知り合いが頼んでおいてくれた京料理のコース。
・・・ということで詳細不明?

写真だけさらっと参ります~。







先付。

100816-58.jpg
100816-59.jpg





椀物。

100816-60.jpg
湯葉と雲丹とじゅんさいの椀。







お造り。

100816-61.jpg
鱧やトリ貝など。







ビールのあとは、モエシャンピンク(ロゼ)で。

100816-62.jpg
この日は泡尽くし(笑)








焼き物。

100816-63.jpg
多分、すずきだったかと。








揚げ物。

100816-64.jpg







肉。

100816-65.jpg
100816-66.jpg

↑肉の手前にある茶色い真ん丸のものは
なんと醤油のムース。
これを肉につけます。
こういうのははじめて食べました。面白い~






本日2度目の、鱧。

100816-67.jpg
今度は定番の梅肉ソースで。







焚き合わせ。

100816-69.jpg






炊き込みご飯。

100816-70.jpg







デザート。

100816-71.jpg




もひとつデザート。

100816-72.jpg
100816-73.jpg
バニラアイスと白玉の抹茶ソースがけ。






こじんまりとして女性好み?のお店でした。
でもねぇ、
この辺りは慣れていないとわかりにくいので
きっと、もう一回行こうと思っても
たどり着けないだろうと思われます( 残念 )




また連れていってもらおうっと。



いい?





しばらくの間、夏休みをいただきます。

忘れ去られそうになっていた小ネタ達で予約投稿しています
ということで、更新はちょこちょこといたしますので
よかったら時々遊びにいらしてください。

皆様も良い夏休みをお過ごしください(ぺこり)


人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ
    

「 京都 吉兆 」(京都) 

今日は3つの記事を一気にUPしちゃいますね。


名古屋のあとは
京都でちょこっと途中下車して・・・

100816-20.jpg
京都駅。







こちらへ伺ってきました。

100816-43.jpg

          「京都 吉兆


ホテルGRANVIA京都 にあるお店。
嵐山のような風情にはちょっと欠けますが、
駅直結なのが便利!
時間がない私達のような旅人でも楽しむことができます。









懐石料理10品(34650円)のコース

100816-21.jpg
あられ入り。






ビール。

100816-22.jpg







向付。
あわびと季節の野菜の酢の物。

100816-23.jpg







椀物は「鱧の椀」。

100816-24.jpg








お造りは、「鯖(生)の刺身」。

100816-25.jpg









鯛・鱧・あおりいかの刺身。

100816-26.jpg



氷の上から目の前で移し替えてくれます。
竹の器がとても涼やか。
つけだれは3種類。
塩・梅肉・醤油・・・のお好みで。


100816-27.jpg







季節の八寸。

100816-28.jpg


いんげん、さつまいも、空豆、じゅんさい、
穴子牛蒡、鯛の子の煮こごり、サーモンチーズなど。





100816-29.jpg

ほおずきの中にも演出あり。







焼き物は「天然鮎の塩焼き」。

100816-30.jpg

天然というのが嬉しいですねよね。
産地はその日によって変わるそう。
やっぱり天然鮎は養殖と違って味がしっかり?


100816-32.jpg



目の前で骨を抜いてくれます。
骨抜き後もちゃんと鮎の形は健在。
お見事~!



100816-31.jpg

手前、緑色のキモのソースで。
濃厚で美味。







こちらは何でしょう?

100816-33.jpg

骨抜きした鮎の骨の唐揚げ。
えっ?ムカデではありません、念のため。
パリパリして美味しかった~







野菜類の焚き合わせ。

100816-34.jpg

墨で焚いてある状態で持ってきて
その場であんかけをしてくれます。
お刺身の氷の演出、鮎の骨抜きの演出に続き、
目でも色々と楽しませてくれるんですねぇ~。
野菜は素揚げしているそうで、コクもしっかり!






ご飯は何でしょう?

100816-35.jpg
100816-36.jpg



新牛蒡の炊き込みごはん。
牛蒡の香りがふんわりとたちのぼります。



100816-37.jpg



上にも
揚げ牛蒡をのせて、牛蒡尽くしの牛蒡ご飯。




100816-38.jpg

赤だしと香の物と一緒にいただきました。
お焦げも美味でした♪









デザートは季節のフルーツ。
桃はコアントロー仕上げでこれまた良し(笑)

100816-39.jpg




スイカジュースも面白いでしょう?


100816-40.jpg
オサレだけど、ちょっと長くて飲みにくかった(笑)







菓子。

100816-41.jpg





お抹茶と。

100816-42.jpg







駅直結なのに
ちょっとイイ雰囲気でしょう?


100816-44.jpg



ごちそうさまでした






しばらくの間、夏休みをいただきます。

忘れ去られそうになっていた小ネタ達で予約投稿しています
ということで、更新はちょこちょこといたしますので
よかったら時々遊びにいらしてください。

皆様も良い夏休みをお過ごしください(ぺこり)


人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ
    

京都最後の食事は「京都・和久傳」で♪ 

このところ「京都の旅レポ」ばかりでしたが
ようやくこの記事をもって最後になります。

あと少しだけ・・・おつき合いくださいませね♪




東京に帰る新幹線まであと1時間ちょっと・・・
半端に時間が余ってしまいました
駅弁を食べるのも悪くないんだけど
折角だからしっかり夕飯を食べ帰ろう!ということに




で、向かった先は・・・




京都駅ビルの11階にある「京都・和久傳(HPはこちら)
080428-45.jpg
「和久傳」といえば、有名な高級料亭ですが
こちらのお店は場所柄か、かなりカジュアル

店内左手には大きなオープンキッチンをいただき
正面はガラス張りのカウンターという和モダンな造りでした。


通されたのは京都タワーが目の前に見えるカウンター席!
とっても眺めがよくて~
あぁぁ~幸せ
080428-50.jpg

コースは5250円と8400円の2種類。
新幹線の時間まで1時間ほどしかない事を告げると
5250円のミニ会席なら急げば45分でご用意してくださると。
それならグーーだわ・・・と入店。
そちらでお願いすることにしました。

080428-46.jpg
筍がこんな風に積んであって~、ワクワク



まず、さくら風味のこんぶ茶が出されます。
080428-48.jpg
んん~~、良い香り



一品目は「初鰹のたたき」を使ったいっぴん。
竹筒に入った冷酒でいただきます。
080428-37.jpg
辛口の大根おろしとわさびでさっぱりといただけます。
日本酒にも合う、合う♪



二品目は、期待通り筍でした(笑)
080428-38.jpg
ごくごく薄味の餡仕立てが上品ないっぴんです。
筍、海老、ワカメの下には・・・・・お楽しみが!



・・・・蓬(ヨモギ)麩が隠れていました
080428-44.jpg
薫り高い生麩と旬の筍のしっかりした食感・・・絶妙です!
こちらは、かなりウマウマ



そして三品目
080428-39.jpg
「さくら鱒の遊庵焼き」
身が柔らかくてしょっぱすぎずこちらも美味しかったです。



途中で出てきた椀。
080428-47.jpg
とろろ昆布たぁっぷりのお味噌汁です。



次の一品は・・・
080428-40.jpg
「鯛の子の煮付け」です。
魚卵系・・・大好きなのですが、
鯛の子ってめったにいただかないので嬉しかった♪
薄味ながら、しっかりとったお出汁がよくきいていて美味でした。


そして、名物のいっぴん
080428-41.jpg
「真鯛の黒寿司」です。
ご飯が黒いから「黒寿司」といいます。
黒酢で味付けされたすし飯に
真鯛の薄造りが敷きつめられたいっぴん。



アップでどうぞ♪
080428-49.jpg
もう、美味しすぎ
また、食べたいですぅ


デザートはこちら。
080428-43.jpg
「文旦のゼリー」
ほろ苦くて大人のお味。


さすがです
予定通り45分ぴったりでお料理をすべて出していただきました。
板前さんに御礼を言いつつ、
店を後にして新幹線に飛び乗った私達。
ぎりぎりで間に合いましたっ(笑)



また、いつもの日常に戻りました。
京都でいっぱい元気をもらったので頑張るぞーーー




ブログランキングに参加しています♪
応援↓ポチッと一押し↓お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへ
ランキングはこちらをクリック!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。